メインページに戻る
Japan Blog

Google Cloud

クラウドの力をもっと -- Google Cloud 発表



Google では、本日、「Google Cloud」を発表しました。

Google Cloud は、デジタルの世界において、ユーザーやお客様が最高のパフォーマンスを容易に発揮するためのユニークで幅広い製品、テクノロジー、サービスを提供しています。

それには、Google Cloud Platform をはじめ、企業向けのクラウド型プロダクティビティ スイート (後述していますが、Google Apps for Work から G Suite に名称を改めました)、Cloud Machine Learning や API、企業向けのマップ API(Google Maps APIs)、そして、クラウドにアクセスするために用意された Android 搭載スマートフォン、タブレット、Chromebook まで、まさにクラウドを前提に開発された、ビジネスの多層なレイヤーに対応する幅広い製品を包含しています。

Google Cloud は、事業主の規模に関わらず、個人事業主からスタートアップ、世界規模のグローバルな大企業まで、あらゆる事業スタイルで活用することができ、企業での利用を念頭に設計された製品やサービスには、その価格に関わらずサービス品質保証 (SLA) を提供しています。

さらに、Google Cloud では、カスタマー エンジニア、カスタマー リライアビリティ エンジニア、サイト リライアビリティエンジニア、製品エンジニア等が、ユーザーのデジタル トランスフォーメーションやクラウドへの移行を支援します。製品だけでなく、エンジニアリングを中心とした働き方も、Google Cloud が提供する価値です。

クラウド パートナーを選択することは、どのテクノロジーカーブに投資するかを決定することであり、その投資が決して短期ではないことを考え合わせると、コスト削減やセキュリティ強化以外にも、考慮しなければならない項目は膨大な数に上ります。スマートデータ、データ解析、機械学習、デジタルコミュニケーションなどによって、今後 5 年の間にあらゆるビジネスが変革をとげるでしょう。その大きな流れの中において、デジタルテクノロジーこそが、将来のビジネスを分ける大きな力となると、Google では考えています。

Google Cloud の発表にあわせて、本日、Google Cloud Platform においても新製品やインフラの拡充、新たなカスタマーサポートモデルなどを発表しました。詳細は こちら でご確認下さい。

また、Google Apps for Work の名称も 「 G Suite 」に 一新しました 。G Suite には、Gmail、ドキュメント、ドライブ、カレンダー、ハングアウトをはじめとする、「インテリジェント」なアプリケーションが含まれ、リアルタイムな協働をサポートします。

今日の発表は、まだ始まりでしかありません。Google は未来を、皆さんと作っていきたいと考えています。