メインページに戻る
Japan Blog

Google Assistant

Google アシスタントがバイリンガルになりました



リマインダーを設定したり、声でスマートホーム対応の家電を操作したり、大好きな音楽やラジオの再生など、Google アシスタントはシンプルな会話で簡単に知りたいことや、やりたいことをお手伝いします。この度、Google アシスタントに、複数の言語を扱えるマルチリンガル機能とルーティン機能を新たに追加しました。

Google アシスタントを複数の言語で使ってみよう
Google アシスタントを外国語の勉強にもっと使いたいけれど、いちいち設定を変えるのはちょっと面倒です。また世界的には、バイリンガルの家庭が最近増えており、家庭内で複数の言語が交わされることも一般的になりつつあるそうです。Google の製品が皆さんのお役に立つためには、同時に複数の言葉を理解できるようにならねばなりません。

今回、マルチリンガル機能を追加したことで、2つの異なる言語で交互に話しかけても、Google アシスタントが適切に反応できるようになりました。Google Home や スマートフォンでぜひお試しください。いつも通り「OK Google」あるいは「ねぇ Google」と話しかけた後、英語で「What’s the weather like today?」と話しかければ英語でお返事し、日本語で「今日の予定は?」と聞けば、日本語で回答します。

Google Home で Google アシスタントの使用を示す画像。

言語を設定するには、Google アシスタントの設定画面から「カスタマイズ設定」を選び、アシスタントの言語を選択します。

マルチリンガル機能は、言語を検出して理解する技術に加え、複数言語を処理するための最適化といった 最先端の音声認識技術 が活用されており、長年に渡る Google の研究開発の成果が生かされています。マルチリンガル機能に対応する言語の組み合わせは、現在、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、日本語の 6 言語で、今後、数ヶ月をかけて対応言語を拡大していきます。

ルーティンで、やってほしいことをまかせよう
新たに登場するカスタマイズ可能なルーティン機能は、事前に設定することで、複数のことをこなすことができるようになります。Google アシスタントの 100 万を超えるアクションを組み合わせてカスタムのルーティンを作成したり、好きなフレーズでルーティンを呼び出すことができます。ルーティンの設定方法は こちら をご確認ください。

たとえば「OK Google, 夕飯できたよ」と声をかけると、テレビを消して、お気に入りの音楽を再生して、「夕飯の時間だよ」と家族に呼びかけるといった、一連の動作を一気にこなすことができます。また、定期的に運動したいと考えている場合は、アシスタントアプリからワークアウトのルーティンを作成して、決まった時間にトレーニングを開始するように設定することができます。

カスタマイズ可能なルーティン機能の設定方法を示すGIF画像。
画像です。

Google アシスタントの新機能をぜひご活用ください。