メインページに戻る
Japan Blog

Google Earth

もっとキレイになった仙台、横浜、さいたまを Google Earth で 3D 体験



本日、Google Earthを3Dで“体験”できる地域に、仙台、横浜、さいたまの3つの都市が新たに加わりました。2009 年 6 月からすでに対応している東京、京都、大阪、神戸の4 都市に加え、これで国内 7 都市がGoogle Earth 上で自由に飛びまわれるようになります。

Google Earth の 3D 体験で横浜市を示す画像。

ご利用になるには、まず Google Earth をダウンロード。Google Earth を起動するとサイドバーにレイヤが表示されます。レイヤを開いて、“建物の 3D 表示”の中の“立体写真モデル”を選択すると、ビルがニョキニョキと現れます。

Google Earth 3D 体験で横浜市、さいたま市、仙台市を紹介する動画。
10:25

日本の都市の 3D 対応は、航空写真やコンピュータグラフィックス等のデータを組み合わせる Google の技術によってモデル化されたものに加え、企業やユーザーの皆さまから提供いただくデータによって、実現しています。

日本で 3D になっていない場所は、実はまだたくさんあります。皆さんのお住まいの街、母校、思い出のある建物や旅行先で宿泊したホテルなどを、3D で再現してみませんか。「Google ビルディングメーカー」を使えば、建物の 3D モデルを、マウスひとつでかんたんに作成できます。ビルディングメーカーは、福岡、広島、神戸、京都、名古屋、大阪、さいたま、札幌、仙台、東京と横浜に対応しています。是非お試しください。