メインページに戻る
Japan Blog

Google Earth

海の日に、深海の世界を冒険しよう



地表の約 7 割を占める広大な海。その下には、未知の深海の世界が広がっています。太陽の光も届かない暗闇、地上の何十倍、何百倍にもなる水圧、そのような世界には何があるのでしょうか。

本日、海の日を記念して、「しんかい 6500 」ツアーを Google Earth にて公開します。このツアーは、独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の有人潜水調査船 「しんかい 6500」が、深海の旅へと皆さんをお連れします。

「しんかい 6500 」は、その名のとおり、6500 メートルの深海まで潜ることができます。これだけの深さまで潜ることが出来る船は世界中でも数少なく、世界各地の海底で地形・地質、深海の生物の生態調査を行っています。船体には海中を照らす投光器、カメラやロボットアームのほか、様々な調査機器を備えています。3 名が乗り込むコックピットは、約 680 気圧の水圧にも耐え得る構造を持ち、小さな覗き窓から船外の様子が見られます。

しんかい 6500 のコックピット内を示す画像。

しんかい 6500 のコックピット

このツアーは海洋研究開発機構のご協力で、過去の「しんかい 6500 の海底探索」の貴重な記録をもとに作られています。潜水船の様々な機能や、海底から超高温の水が吹き出している熱水噴出孔、過去の任務で出会ったアカギンザメやカッパクラゲなどの深海生物などがご覧いただけます。

しんかい 6500 の海底探索の様子を示すイラスト画像。

本ツアーに出発するには、こちらから KML ファイルをダウンロードし、Google Earth でご覧ください。海の日の今日、ぜひ、Google Earth で未知なる深海を旅してみませんか。